里山再生、作家ニコルさんと協力

長野の食品会社「サンクゼール」

©一般社団法人共同通信社

記者会見するC・W・ニコルさん(左)とサンクゼールの久世良太社長=10日午後、長野県信濃町

 長野県信濃町で環境保護活動に取り組む財団の理事長を務める作家のC・W・ニコルさんと、食品製造販売会社「サンクゼール」(同県飯綱町)の久世良太社長が10日、信濃町で記者会見し、里山の再生に向けて協力すると発表した。

 同社が財団とスポンサー契約を結び、里山再生事業に協賛。財団が管理する信濃町の「アファンの森」近くに同社のブドウ畑があることから、財団所有の馬を使った農耕を始めるほか、社員研修など人的交流を進め、イベントの共催も目指すという。

 英国出身のニコルさんは1980年代に長野県に移住、森林再生に取り組んでいる。