浜崎容子の待望の新作『BLIND LOVE』発売決定! 角松敏生がアルバムを完全プロデュース、書下ろし楽曲やデュエット曲を含む全7曲。

©有限会社ルーフトップ

アーバンギャルドのボーカルとして活動するかたわら、ソロ活動も活発に行って来た浜崎容子が、待望の3rd.アルバムを発表する。

今までセルフプロデュースで、2010年の1st.アルバム『フィルムノワール』ではアーバンギャルドの松永天馬に作詞を依頼するも自ら作詞に1曲挑戦をしており、作曲と編曲に関しては全てを手掛けている。2016年の2nd.アルバム『BLUE FOREST』ではプロデュースもさらに繊細になり、作詞・作曲に関しては自らも手掛けるものの作詞家や作曲家への依頼を行い、カバー曲への挑戦も行っており、編曲は引き続き全曲を手掛けている。

そして、今回の3rd.アルバム『BLIND LOVE』の制作に臨み、浜崎容子が望んだことは、シンガーとしてのさらなるステップアップの為にプロデューサーを立てることであった。ボビー・コールドウェルやボズ・スキャッグスなどAOR好きの浜崎容子がプロデュースを依頼したのは、日本のAORを代表する角松敏生である。角松敏生はミュージシャン・リスペクトに合うアーティストであり、プロデューサーとしても高い評価を得ている。

関わるミュージシャンの選定に厳しく、シンガーやミュージシャンとしてその資質を見出せないアーティストからのプロデュース依頼をビジネス的には受けない角松敏生にとって、浜崎容子からのアルバムプロデュース依頼の快諾は2000年以降の数少ないケースで、2年4カ月振りとなるCDアルバムプロデュースとなる。

そして、『BLIND LOVE』と7/3同時発売となるのが、浜崎容子が2010年に発売したデビューアルバム『フィルムノワール』をリマスタリングして新曲3曲を加え、完全盤とした『Film noir ultime』である。このアルバムは2010年にライブ会場とアーバンギャルドのホームページ通販でのみ販売され、瞬く間に売り切れてしまったものである。長らくファンの再販を求める声が多くありながら今まで再販されなかった幻のデビュー盤である。今回の浜崎容子の『Film noir ultime』は、温故知新、浜崎容子の今を知ることの出来る貴重なアルバムとして押さえておきたい作品となっている。