宣言!トリプルアクセル「自分のものに」 フィギュア坂本が調整中

©株式会社神戸新聞社

一日交通安全大使の委嘱状を手に、鉄人28号のモニュメント前でポーズをするフィギュアスケート選手の坂本花織さん=10日午後、神戸市長田区若松町6(撮影・辰巳直之)

 フィギュアスケートの全日本選手権女王、坂本花織(19)=シスメックス、神院大=が10日、来季に向けてトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)習得に取り組んでいることを明かし、「このまま練習して自分のものになれば」と意気込んだ。

 神戸市長田区で兵庫県警の「一日交通安全大使」を務め、取材に応じた。合宿でトリプルアクセルを集中して特訓してきたといい、「いっぱいこけた。お尻に激痛が走る」と苦笑い。「2日に1回、まぐれで回転不足で立つぐらい」と完成度はまだまだだが、「(跳ぶことの)恐怖心はまったくない」と頼もしい。

 11日は西宮市の甲子園球場で行われるプロ野球阪神-中日戦で三原舞依(19)=シスメックス、甲南大=とファーストピッチセレモニーに登場。12日から2週間、イタリアでブノワ・リショー氏からフリー曲の振り付けレッスンをみっちり受け、来季の新プログラムを固めていく。(山本哲志)