阪神、連勝で今季最多貯金3 大山3打点&西3勝目 中日は又吉2回5失点KOで借金5

©株式会社Creative2

阪神・矢野監督【写真:荒川祐史】

阪神は2回に打者一巡の猛攻で大量5点を奪い逆転

■阪神 7-3 中日(10日・甲子園)

 阪神が今季最多の貯金3に伸ばした。10日、本拠地・甲子園での中日戦。2回に先発の西が2点を先制されたが、その裏に打線が打者一巡の猛攻で5点を奪って逆転し、勝利を掴んだ。

 西が高橋に2ランを浴びて先制を許した阪神だったが、その裏、すぐに打線が逆転した。先頭の福留が四球を選ぶと、1死からマルテが同点の2号2ラン。2死から投手の西が左前安打をで出塁すると、近本、糸原と3連打となり勝ち越し。さらに大山にも2点適時打が出て、この回一挙に5点を奪った。
 
 5回にも木浪の適時三塁打、8回には大山の適時打で加点してリードを広げた。西は7回まで7安打を許しながらも粘りつよく投げて3失点で3勝目。ジョンソン、ドリスと繋いで逃げ切り、引き分けを挟んで2連勝とした。

 中日は先発の又吉が大誤算。2回に打者10人で5安打2四球を許して大量5失点でノックアウトされた。打線も2回に高橋の2ランで先制したものの、その後はなかなか西を攻略できず。2連敗で、今季ワーストの借金5となった。(Full-Count編集部)