天気の移り変わりが遅い

©株式会社ウェザーマップ

現在、西から東へ流れる偏西風が大きく蛇行しているので、高気圧や低気圧の動きがとても遅くなっています。同じような天気が長続きするということです。
きょうも関東から西では30℃前後まで上がるところが多くなります。北海道と沖縄を除いてすっきり晴れるので、紫外線にも気をつけた方がよさそうです。また、上空には少し寒気が流れ込んでいて大気の状態が不安定なので、関東や東海では午後は雷雨があるかもしれません。いまのところ先週の土曜日ほどの広範囲な雷雨やひょうにはならない見込みですが、局地的には激しい現象が起きる可能性もあります。
あすも晴れて暑くなるところが多いですが、関東は北東の風が吹くので、雲が増えて気温の上がり方も少し穏やかになりそうです。
週明け火曜日ごろには、高気圧が東に抜けて曇りやすい状態になります。これも動きが遅いので、来週末にかけて曇りや雨の天気が続きそうです。

気象予報士・渡辺 正太郎

画像について:11日午前9時の予想天気図。