会派名に議員自身の名 熊本市議会、他会派から疑問の声

©株式会社熊本日日新聞社

 4月の統一地方選で改選された熊本市議会の各派代表者会議が10日あった。緒方夕佳議員が一人会派の名称を「緒方ゆうか」と議会事務局に届けたことが報告され、出席議員から「会派名にふさわしくない」と疑問の声が上がった。

 議会事務局によると、同市議会に会派名に関するルールはないが、議員名を使った例はない。会議では自民党の澤田昌作議員が「市民に分かりづらい。会派名は常識の範囲で決めてほしい」と指摘。15日に発足する議会運営委員会に対応を協議してもらうことで一致した。

 緒方氏は「改選前は『和の会くまもと』だったが、グループに所属している印象を受けるとの指摘があった。名前を会派名にした方が一人会派と分かりやすいので変更した」と説明。全国市議会議長会は「会派名を調査したことはなく、他の議会に同様のケースがあるかどうか分からない」としている。(高橋俊啓)