「チャギントン」7代目ナビゲーターに井上清華&杉原千尋アナが同時就任!

©株式会社東京ニュース通信社

フジテレビで放送中の「GO!GO!チャギントン」(日曜午前6:15、関東ローカル)の7代目チャギントンナビゲーターに井上清華アナウンサーと杉原千尋アナウンサーが就任した。地上波放送開始10周年という節目の年に初の2人同時就任となり、引き続きナビゲーターを務めるつるの剛士とともに、チャギントンの世界をますます盛り上げていく。2人は5月12日放送回から登場する。

同番組は子ども向け鉄道CGアニメで、カラフルで表情豊かなキャラクターと明るく楽しいストーリーが子どもたちに支持され、世界178の国と地域で放送されている。

井上アナは「まさか自分がチャギントンナビゲーターになれるとは思っていなかったので、ただただうれしかったです。ちょうど出張で飛行機に搭乗しようかという時に電話で決定を聞いたのですが、しばらくの間、本当なのか?と疑っていました」と驚きの表情。つるのの印象については「とても優しく明るく、私がイメージしていたそのままの方でした。つるのさん自ら、私たちの緊張をほぐそうと和ませてくださったおかげで、楽しく収録を終えられました。つるのさんに手を引いてもらいながら、チャギントンの世界に足を踏み入れたような気持ちです」と感謝している。

杉原アナは「フジテレビに入社する前からやりたいと思っていた仕事の一つでした。そのため、就任が決まった時は喜びとうれしさでいっぱいでした! 今回は同期の井上と2人でできるということなので、より一層盛り上げられるように頑張りたいと思います」と意気込み、つるのとの共演には「本当に気さくな方で、私が間違えてしまった時も、“何回でもやろうよ!”と声を掛けてくださり、そのおかげで失敗を怖がらずに挑戦することができました。楽しいつるのさんの人柄と、明るいつるのさんの声のおかげで、私もチャギントンの世界に入り込んでいくことができました」と話している。

また、つるのは2人について「それぞれタイプの違うお姉さん、とても楽しかったです! 番組だけではなくイベントなども…これからが楽しみです」と期待を寄せる。さらに、放送開始10周年を迎え「10年ずっとあちこちで“チャギントンのお兄さんだ!”と声を掛けていただけることに感謝しております。始まった当初見てくれていたちびっ子たちも、もう中学? 高校生? 彼らがそのままお父さんお母さんになるまで頑張ります!」と決意を新たにした。