沖合でマダイ好調

©株式会社福井新聞社

岡田拓也さん(福井市)が三国突堤で釣ったブリ
山崎優君(福井市)が新保突堤で釣り上げた56センチのマゴチ

【越前海岸】全域でグレ。25~30センチ。鮎川では45.5センチの口太グレ。三国突堤で福井市の岡田拓也さんが88センチ、5.4キロのブリをジグで釣り上げた=写真。新保突堤では同市の山崎優君がメタルジグで56センチのマゴチ=写真。亀島で58センチのマコガレイも。

【福井新港】アジは日中ぱらぱら程度。河口に流れたか。チヌは引き続き好調。

【嶺南】海水温の上昇がいまいちながら、産卵前後のチヌ、グレ、キスと少しずつ魚種がにぎやかに。キスはボートとチョイ投げで、小浜湾内全体に散らばってきたよう。

【沖合】マダイが好調。フカセ釣り、ルアーともに50~80センチが最高30匹。青物もちらほら。鷹巣沖では89センチのヒラメ。

【河川】南川、北川河口で夜釣りでもスズキがかかるようになってきた。