国体懸けシャトル追う

バドミントン、伊達で道予選

©株式会社室蘭民報社

手宣誓する大谷室蘭高の堀下(右)と室栄高の毛利

 第74回国民体育大会バドミントン競技北海道予選会が10日、伊達市総合体育館で開幕した。国体の全国出場を目指し、12日まで熱戦を繰り広げる。

 高校は男女114人・114ペア、成人は同74人・41ペアが出場。それぞれトーナメントが行われる。結果をもとに全国大会(9月29日~10月2日)に出場する道代表選手を選考する。開会式では、室栄高3年の毛利隼人、大谷室蘭高3年の堀下稚が選手宣誓した。

 初日は各部の男女ダブルスが行われた。高校男子に出場した室栄の毛利隼人・毛利悠人の兄弟ペアは4回戦で上山昇大・関根陸(帯広大谷)と対戦。13―21で第1セットを落とし、第2セットは接戦を演じたが19―21で惜敗した。
(吉本大樹)

 結果は次の通り。=胆振関係分

 【男子】
 ◇高校▽複1回戦 毛利隼人・毛利悠人(室栄)2―0石川暢晃・鈴木奏楽(北海)、川村柊斗・池田侑輝(帯広大谷)2―0土井遙介・日下黎哉(苫工)、成田一貫・本間渉(大谷室蘭)2―1江渕竜介・西山海(旭川北)、平田翔吾・市橋陸弥(伊達緑丘)2―1清水誠・広尾海周(帯広大谷)、熊谷龍輝・馬場康綺(札幌北斗)2―0大屋祐介・三橋颯(苫東)、斉藤颯汰・大越俊哉(室栄)2―1宮﨑涼・笹木虹太(旭川工)▽同2回戦 毛利隼・毛利悠2―0荒川彰来・木津健斗(旭川実)、柴谷康介・結田瑛介(札幌第一)2―0成田・本間、大隅惟翔・小原琉伽(北海)2―0平田・市橋、渡辺昴進・木野舜悟(札幌龍谷)2―0斉藤・大越▽同3回戦 毛利隼・毛利悠2―0渡辺剛・美濃一輝(札幌龍谷)▽同4回戦 上山昇大・関根陸(帯広大谷)2―0毛利隼・毛利悠

 【女子】
 ◇高校▽複1回戦 田辺綺羅・白川咲来(函館工)2―0熊谷瑠菜・鹿内菜緒(室清水)、松島玲奈・河村莉央(旭川西)2―0星絢菜・野沢咲季(苫南)、中垣内里佳・盛未有(とわの森)2―0坂爪桃花・田部芽生(伊達緑丘)、橋本風香・奥秋絵梨(帯広南商)2―1大林美紅・殿広梨未(室清水)、坂井亜衣・森小遥(とわの森)2―0堀下稚・高橋愛佳(大谷室蘭)