栃木GBの北方が米ドジャースへ

マイナー契約で合意

©株式会社下野新聞社

ドジャースとマイナー契約で合意した栃木GBの北方悠誠投手=4月6日、茨城との今季開幕戦より

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)の北方悠誠(きたがたゆうじょう)投手(25)=181センチ、90キロ、右投げ右打ち=が米大リーグのドジャースとマイナー契約で合意したことが10日、分かった。契約に至れば2013年にブルージェイズとマイナー契約を結んだ富山の大家友和(おおかともかず)投手に続いて2人目の快挙となる。

 佐賀県出身の北方投手は唐津商高3年時の11年、150キロ台の剛速球を武器にエースとして夏の甲子園出場を果たし、同年のドラフト会議で横浜(現DeNA)から1巡目指名を受けた。だが制球難を克服できないまま14年に戦力外にとなり、育成契約で入団したソフトバンクも1年で退団。16年から独立リーグでプレーしていた。