エレーラのマンU退団が決定か。SNSでファンに別れを告げる

©フットボール・トライブ株式会社

マンチェスター・ユナイテッドのアンデル・エレーラ 写真提供:GettyImages

パリ・サンジェルマンへの移籍が噂されるマンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表MFアンデル・エレーラが、自身のツイッターを更新し別れを告げた。

アレックス・ファーガソン元監督の勇退以降で獲得した選手の中で、サポーターから最も評価されている選手の1人がエレーラだ。攻守にわたって彼が見せる献身性は、クラブの大きな力となっている。

そのエレーラは今夏の移籍市場でPSGに移籍するという見方が強まっており、すでにPSGと移籍に関して合意に至ったと報じるメディアもある。

その状況の中で、エレーラはツイッターに「さようなら」というつぶやきとともに動画を投稿。動画の中で以下のように語っている。

アンデル・エレーラ

「たくさんのファンを抱えるクラブと、すべてを与えてくれた選手たちを思い出す。

僕の名前のチャントのたびに、特別なものを感じた。ファンが僕をこのクラブの素晴らしい歴史の一部だと決めてくれたときは、誇りに感じた。

毎試合、勝とうが負けようが、チームの助けになれていなかっとしても、このクラブを代表するたびに、このクラブの重要性は理解していたんだ」