小林西、桐蔭学園と分け MRT招待高校野球 第1日 

©株式会社宮崎日日新聞社

【都城東-明石商】4回4失点でマウンドを降りた都城東の武藤

 第56回MRT招待高校野球大会(県高野連主催、MRT宮崎放送後援)は11日、宮崎市のKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で開幕した。県勢は、小林西が桐蔭学園(神奈川)と2-2の引き分けだった。明石商(兵庫)と対戦した都城東は4-11、日章学園は2-10でともに敗れた。

 小林西は四回1死二塁、鶴田幸多郎が右中間を破る適時二塁打で先制。五回に川端涼太の適時打でリードを広げたが、七、八回に1点ずつ返され、追い付かれた。

 都城東は0-3の三回、武藤敦貴の2点本塁打で1点差に迫ったが、投手陣が計11失点と崩れた。日章学園は初回、無死三塁から内野ゴロの間に先制したが、先発石嶋留衣が3回8失点と打ち込まれた。

 最終日は12日、同球場で3試合を行う。