二宮和也は長澤まさみと… 気マズ過ぎる「元カレ・元カノ」共演シーン

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

二宮和也

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

芸能人同士の恋愛において、あからさまに気まずいのが元カレ・元カノとの共演だろう。スタッフから気を使われるため、共演することはほどんどないのだが、時折、共演した際には何ともいえない空気感を醸し出すようだ。

『嵐』二宮和也と長澤まさみは、まさにその例だろう。2005年にドラマ『優しい時間』(フジテレビ系)で共演したことにより、交際がスタートしたという2人。5年程度の長期交際の後に破局したといわれているが、2017年9月放送の『VS嵐』(フジテレビ系)に長澤がゲスト出演し、視聴者をざわつかせた。

「破局後、かなりの時間がたってからの出演だったので、特に問題ないように思えたのですが、二宮が明らかに動揺していましたね。長澤が元気よくさまざまなゲームに挑戦する中、二宮はできるだけ存在感を消すかのようにダンマリ。他の『嵐』メンバーが長澤の方を向いてトークしているときも、二宮はソッポを向いて何もしゃべりませんでした。さらに他のメンバーが一度は長澤とのカラミがあったのに、二宮だけナシ。この露骨な避け態度に、ファンからも『ニノの態度がヤバいwww』と声が上がっていました」(ジャニーズライター)

 

男の方がより動揺する

堤真一と鈴木京香の共演も話題になった。2年ほど交際の後、01年に破局した2人が、12年に朗読舞台『宮沢賢治が伝えること』で共演。『女性自身』の報道によると、このとき、堤は台本を持つ手が震えるなど、かなり緊張気味だったとか。一方で鈴木は、フッ切れた感じで朗読に集中していたという。

直接共演はしていないが、名前を出して元カノからキレられたパターンもある。16年10月放送の『クイズ☆スター名鑑』(TBS系)で、『ロンドンブーツ1号2号』の田村淳が若槻千夏との過去の〝交際疑惑〟を共演者からイジられると、「してたよ!」とハッキリ交際を認めた。

すると、この放送を若槻が見ていたのか、インスタグラムで《大体のことはまぁバラエティーだからと笑って過ごしてきました。けど、笑えないことが1つ。15年くらい前のことをたまに掘り返されること》《全然笑えない、この件ずっと》と怒りをあらわにしたのだ。

こういった例を見ると、元カレ・元カノ共演をスタッフがNGにしている理由がよく分かる。また、女性に比べ男性の動揺ぶりが顕著だ。目の前にすれば、どうしてもいろいろなコトやモノ、味やニオイを思い出してしまうのだろう。