人吉鉄道ミュージアム、遊びに来て 5月土・日に開館4年の記念企画

©株式会社熊本日日新聞社

家族連れでにぎわった、鉄道ミュージアムのミニトレイン=人吉市

 熊本県人吉市のJR人吉駅前にある「人吉鉄道ミュージアムMOZOCAステーション868」の開館4周年記念イベントが11日、始まった。5月中の土、日曜に開く。

 同館は、100年以上の歴史がある肥薩線の価値を伝えようと、2015年5月に同市が開設した。肥薩線の歴史などを紹介するパネルや列車のおもちゃなどを展示し、昨年は約10万3800人が訪れた。

 初日は、多くの家族連れが人気のSLを模したミニトレインに乗るなどして、にぎわった。クイズ大会(12、19日)やSL人吉の機関庫見学会(25日、要予約)、SL人吉に関する講演会(26日)などがある。

 市企画課の樫本貴さん(46)は「いつもと違うイベントを用意しているので、多くの人に遊びに来てほしい」と話している。入館無料だがミニトレインなどは有料。同館TEL0966(48)4200。(小山智史)

(2019年5月12日付 熊本日日新聞朝刊掲載)