「見た目」だけじゃなく、鉄道を「音」で楽しもう! 鉄道博物館の体験型プログラムが面白そう

©株式会社ジェイ・キャスト

さいたま市の鉄道博物館は2019年5月11日と12日、鉄道の新たな楽しみ方を提案するイベント「『鉄道のミカタ』~iPadでビデオを作って、みんなで一緒に考えよう!~」を開催する。

国鉄時代の車両を、子どもの発想で撮影

国鉄時代の車両を、子どもの発想で撮影

当日は昭和の時代に活躍した、181系電車特急「とき」や0系・200系の新幹線電車を素材に、iPadで展示車両を自由に撮影し、参加した子どもがオリジナルのビデオや曲の制作に挑戦する。学芸員の説明を参考にしつつも、参加者のクリエイティビティが活かされたオリジナルの作品を作って残すことができる。

車両が発する音やデザインを編集して作品に

車両が発する音やデザインを編集して作品に

本プログラムでは、保存車両の「見た目」や「音」に着目し、現代の子どもの目から興味を持ったものを作品にしていく。学芸員や参加者同士のコミュニケーションからも車両のポイントを知り、鉄道への学びを深めていく。

5月11日はオリジナルビデオ、5月12日はオリジナル曲の作成がテーマで、両日とも11時~12時と、14時30分~15時30分の2回開催。小学3年生以上の児童が対象で、先着10名限定。各日10時から鉄道博物館本館1階、車両ステーションのクハ181形電車前で参加のための整理券を先着配布する。