渡邊(日章学園高出)が混複頂点 バドミントン九州選手権

©株式会社宮崎日日新聞社

【混合ダブルス決勝】優勝した日章学園高出の渡邊達哉と小野菜保ペア(再春館製薬所)

 バドミントンの第66回全九州総合選手権最終日は12日、宮崎市総合体育館で、男女シングルスと混合ダブルスの決勝までを行った。本県関係では、混合ダブルスで日章学園高出の渡邊達哉と、小野菜保ペア(再春館製薬所)が頂点。同校出の定宗隆一郎組(UNAIDBC)が4位に入った。