マンU、ディバラ獲得へ今季不調FWを交換要員に。移籍金131億円からの減額狙う

©フットボール・トライブ株式会社

マンチェスター・ユナイテッドのアレクシス・サンチェス 写真提供:GettyImages

マンチェスター・ユナイテッドはユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラの獲得に向けてチリ代表FWアレクシス・サンチェスを交換要員として差し出す可能性があるようだ。現地時間12日、イタリア・トリノの地元紙『コリエレ・ディ・トリノ』が伝えている。

ディバラは今季、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド加入の影響を受けたこともあり、今季はここまで公式戦29試合での先発出場とレギュラーの座を確約されていない状況にあることから、今夏退団の可能性が取りざたされている。

同選手の移籍先としては昨夏以降レアル・マドリードやバイエルン・ミュンヘンの名前が挙がっていたものの、ここにきてマンチェスター・ユナイテッドが最有力候補となっている模様。

またディバラ獲得には1億ユーロ(約131億円)を要するものとみられるが、今季は低調なパフォーマンスに終始し今夏退団が濃厚となっているアレクシス・サンチェスを交渉材料に盛り込むことにより、減額を狙っているようだ。

なお一部メディアの報道によると、すでに両クラブ間の交渉は行われているものとみられる。ユベントスで背番号10を着けているディバラは果たしてシーズン終了後にどのような決断を下すのだろうか。