サウジ「タンカーが攻撃受けた」

イランは陰謀に言及し、けん制

©一般社団法人共同通信社

 【カイロ、テヘラン共同】サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は13日、イランとアラブ首長国連邦(UAE)に挟まれたオマーン湾で12日に、サウジの石油タンカー2隻が「破壊活動」の攻撃を受け、船体構造に「甚大な損害」を被ったと発表した。死傷者や石油の流出はなかった。国営サウジ通信が伝えた。

 またUAE外務省は12日、同海域で4隻の商船が「破壊活動」の対象となったと発表。サウジ、UAE両国とも、敵対するイランを念頭に置いたとみられる。イラン外務省のムサビ報道官は13日、「地域を不安定化させる陰謀」に言及し、責任を負わせようとする動きをけん制した。