菅氏、無条件の日朝対話方針不変

ミサイル発射後も

©一般社団法人共同通信社

 菅義偉官房長官は13日の衆院決算行政監視委員会で、北朝鮮による弾道ミサイル発射が確認された後も、安倍晋三首相が前提条件を付けずに金正恩朝鮮労働党委員長との会談を目指す方針は不変だとの認識を示した。「政府の方針は変わらない」と述べた。

 米国でのペンス副大統領らとの会談にも触れ「(日朝首脳会談に関する)日本の考え方を説明し、米国は日本の立場をしっかりサポートしていきたいとの回答だった」と語った。

 国民民主党の後藤祐一氏は「北朝鮮の国連安全保障理事会決議違反が明確になり、厳重に抗議している中で、条件を付けずに会うべきなのか」と批判した。