月経はとても大切

室蘭で母親と女児が役割学ぶ

©株式会社室蘭民報社

月経について話し合う親子

 室蘭市在住の誕生学アドバイザー、澤田宏美さんによる「母と娘の月経教室」が12日、中島町の市生涯学習センター・きらんで開かれた。参加した親子は、月経にはどのような役割があるのかを学び、初潮を迎えるための知識を身に付けていた。

 子どもたちに初めての月経をスムーズに迎えてほしいと、教室を開催。小学4年生以上の女の子と母親4組が参加した。澤田さんは月経は子宮の掃除をする役割があると説明し「女の子はいつかお母さんになることができます。10歳をすぎると女の子の体では、お母さんになるための準備が始まる。月経はとても重要なもの」と呼び掛けた。

 親子は月経のときの過ごし方などを話し合い、子どもたちは「いつ月経が来るかな」と話していた。
(坂本綾子)