USJ『ゴジラ対エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4-D』詳細発表!大阪の名所が多数登場

©株式会社ドットレンド

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンがこのほど、5月31日(金)から開始するサマー・タームで新たに登場する『ゴジラ対エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4-D』に関する詳細情報を発表した。

『ゴジラ対エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4-D』では、究極のコラボレーションにより、2大作品の世界観が見事に融和し、「ゴジラ」と「エヴァンゲリオン」が共存するという、ありえない新次元の世界が映像として初めて誕生。

本アトラクションの為だけに、特別に構想されたオリジナル・ストーリーには、舞台となる“第3新大阪市”の名にふさわしく大阪の名所も多数登場することに加え、ファン心をくすぐるさまざまなディテールが散りばめられている。細部までこだわり抜いた圧倒的な世界観の中で、ゲストもストーリーに入り込み、大迫力のバトルを間近で体験できるとのことだ。

また、イベント開催を記念したファン必見のパークオリジナル限定グッズやフードなども続々登場。アトラクションだけでなく、グッズやフードなどでも、究極のコラボレーションを存分に楽しむことが出来るようになっている。

◆『ゴジラ対エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4-D』パークオリジナル・ストーリー
世界規模の危機をもたらした“セカンドインパクト”により甚大な被害を受けた旧東京首都圏に代わり、首都機能を引き継ぎ、未知の敵性生命体“使徒”との戦闘を目的とした要塞都市、第3新大阪市。この街の視察ツアーに参加する政府視察団一行(ゲスト)は、上空からの視察のためVIP専用機『GLAUX(グラウクス)』に乗り込む。そんな中、突如『ゴジラ』が第3新大阪市に出現。特務機関ネルフの葛城ミサトは、『エヴァンゲリオン』のパイロット、碇シンジ、綾波レイ、式波・アスカ・ラングレーの3名に出動命令を下す。視察団は急遽、安全保管区域へと移動するが、ゴジラ迎撃の戦いに巻き込まれた『GLAUX(グラウクス)』は損傷を受け制御不能に。『ゴジラ』と『エヴァンゲリオン』の決戦の渦中へ投げ出された視察団一行は、両者の激戦を間近で目の当たりにする。『使徒』ではない『ゴジラ』がなぜ第3新大阪市に出現したのか謎は深まる中、街を守るために『エヴァンゲリオン』は『ゴジラ』と戦い続ける。果たして、この激戦の行方は・・・。

  ◆ファン必見!パークオリジナル限定グッズ&フード
①「マグカップ」シンプルな活字×ロゴのデザインがかっこいいマグカップ。

②「プリントクッキー」ブリキの地色にモノクロで浮かぶゴジラとエヴァンゲリオンがかっこいい!アトラクションで使われる セリフがプリントされたクッキー入り。

③「ゴジラ対エヴァンゲリオン・ポップコーンバケツ」数量限定5,000個販売

◆『ゴジラ対エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4-D』とは
夢にまで見た究極のコラボレーション「ゴジラ対エヴァンゲリオン」を史上初、ついに映像化した4-Dアトラクション『ゴジラ対エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4-D』。 要塞と化した “第3新大阪市”に突如出現した『ゴジラ』から街を守るため、『エヴァンゲリオン』たちが立ち向かう。リアルに目の前で繰り広げられる最強同士の世紀の戦いに、ゲストは、震えるほどのスリルと興奮が押し寄せる、かつてない体験を味わえます。