ジョナス・ブラザーズの幼少期/全盛期/解散/再結成を描くドキュメンタリー映画がAmazonプライムで全世界同時配信

©ユニバーサル ミュージック合同会社

再結成を果たしたジョナス・ブラザーズを追ったドキュメンタリー映画『Chasing Happiness』が2019年6月4日にAmazon Primeで全世界同時配信される。

3兄弟の未公開映像を収録した今作は、ニュージャージー州のとある貧しい家庭で育った幼少期のニック、ジョー、ケヴィン兄妹の映像から始まる。その後、スターダムを駆け上がった彼らの全盛期を辿り、2013年の解散時に周囲で起こっていた出来事を掘り下げていく。さらにこの作品では、いかにして彼らが兄弟、そしてバンドメイトとしての関係性を修復し、2009年以来のニュー・アルバムへと繋げていったのかが描かれている。

「彼ら3兄弟の再結成は皆さんが待ち望んでいたことなので、この濃密で説得力に溢れたドキュメンタリー作品を全ての視聴者と共有できるのが待ちきれないです」と、アマゾン・スタジオでトップを務めるジェニファー・サルクは当プロジェクトの発表時にコメントしている。

ドキュメンタリー映画『Chasing Happiness』はユニバーサル・ミュージック・グループ傘下のリパブリック・レコードの新部署であるPhilymack and Federal Films、そして同じく同グループ傘下であるPolygram Entertainmentとアマゾン・スタジオによって共同配給され、フィル・マッキンタイア、ジョン・バーバトス、モンティ・リップマン、そしてダナ・サノらが今作のエクゼクティヴ・プロデューサーを務めている。プロデューサーには、リース・ピアソン、スティーブ・エクルシーン、そしてグラント・マクダウェルが名を連ね、ジョン・ロイド・テイラーが監督を務めている。

uDiscoverで以前にお伝えした通り、ジョナス・ブラザーズは先日、リパブリック・レコードから6月7日にリリースが予定されているニュー・アルバム『Happiness Begins』を発表した。さらに、この夏から秋にかけて全米40都市を巡る“Happiness Begins Tour”の詳細も明かし、ビービー・レクサやジョーダン・マグラーがスペシャル・ゲストで登場する予定だ。5月11日(土)には、米TV番組『サタデー・ナイト・ライブ』に音楽ゲストとして出演している。

ジョナス・ブラザーズはグループ全盛期に2作の全米No.1アルバムを生み、世界3大陸に渡ってソールドアウト公演を叩き出し、全世界で1,700万枚以上のアルバム・セールスと1o億回超えのストリーミング記録を誇る。今年初頭にグループ再結成のニュースと共に発表したニュー・シングル「Sucker」の現在までの総ストリーミング回数は4億4500万回を超えている。

Written By Tim Peacock