FIA-F3アジア:笹原右京がブリーラム戦も2勝。ドゥーハンに対し選手権でリードを築く

©株式会社サンズ

 FIA-F3アジア選手権は5月11〜12日、タイ・ブリーラムにあるチャン・インターナショナル・サーキットで第2ラウンドが行われ、笹原右京(ハイテックGP)がレース1・3で優勝、レース2でも2位に入り、タイトル争いで大きなリードを築いた。

 2018年からスタートしたFIA-F3アジアは、FIA国際自動車連盟の主導するフォーミュラ再編のなかで生まれたカテゴリーで、タトゥースT-318シャシーにアルファロメオ製エンジンを積み、ジーティ製タイヤを履く。4月8日に行われた第1ラウンドのセパンでは、開幕直前に急遽参戦が決まった笹原が2勝を飾った。

 併催のブランパンGTワールドチャレンジ・アジアとともに舞台をタイのチャン・インターナショナル・サーキットに移して行われた第2ラウンドでは、予選1回目・予選2回目とも笹原がジャック・ドゥーハン(ハイテックGP)を抑えトップタイムをマークした。

 5月11日のレース1では、笹原はスタート直後、ドゥーハンに並びかけられるものの、4コーナーから5コーナーに差しかかるまでの攻防でドゥーハンを抑えると、そのままファステストラップも叩き出し、逃げ切り優勝。金丸悠(スーパーライセンス)は7位、第2ラウンドから参戦している小山美姫(B-MAX Racing Team)は9位でチェッカーを受けた。

 続くレース2では、ふたたび笹原がオープニングラップでドゥーハンを抑えるものの、2周目の3コーナーでドゥーハンがインへ。そのままドゥーハンが優勝を飾った。笹原は2位、金丸は6位、小山は8位でフィニッシュした。

 5月12日のレース3では、三たびポールポジションスタートの笹原とドゥーハンの争いとなるが、笹原がきっちりと首位を守り今シーズン4勝目。笹原は今季4勝・2位が2回と選手権をリードし続けており、136ポイントを獲得。ランキング2位のドゥーハンの122ポイントに対し、リードを築いている。レース3では金丸は7位、小山は11位でレースを終えた。

 FIA-F3アジアの第3ラウンドは6月22〜23日に鈴鹿サーキットで開催される。

チャン・インターナショナル・サーキットで行われたFIA-F3アジア
レース2で優勝を飾ったジャック・ドゥーハン