江田島民泊 受け入れスタート

©株式会社中国新聞社

民泊先の漁船に乗せてもらい、魚を釣って喜ぶ生徒(左)

 江田島市が誘致に力を入れている民泊型修学旅行の本年度の受け入れが始まった。1校目は千葉市の越智中。3年生65人が13日、ホストを務める家庭で釣りや農業を体験した。

 民泊型修学旅行は本年度で8年目。12月までに関東や関西などの32校計約4千人が島を訪れる。

 12日夕に江田島市入りした越智中の生徒たちは、受け入れ先の家族とともに島の自然を生かした体験に挑戦した。沖美町の清水昭彦さん(75)方に泊まった男子4人は船に乗り込み、沖釣りへ。キスやカサゴなどを次々と釣り上げ、船上で歓声を響かせた。