宇宙部隊100人規模に、防衛省

空自、米基地に連絡官派遣

©一般社団法人共同通信社

防衛省

 防衛省は、2022年度までに発足予定の航空自衛隊の宇宙領域専門部隊について、100人規模とする方針を固めた。拠点は空自府中基地(東京都府中市)に置く計画。宇宙分野を巡る自衛隊と米軍との連携強化に向けて、米西部カリフォルニア州の空軍基地にある宇宙作戦センターに空自から常駐の連絡官を派遣する方向だ。複数の同省関係者が13日、明らかにした。

 宇宙領域専門部隊は当面、人工衛星への脅威となるスペースデブリ(宇宙ごみ)のほか、中国やロシア、国籍不明の人工衛星の動向を常時監視することが主な任務。山口県に新設予定の高性能の地上レーダーなどで収集したデータを分析する。