アデランス、静岡県とツバルの森の三者でアカマツの再生を目的とした協定を締結

©国際商業出版株式会社

アデランスは、静岡県と合同会社ツバルの森の三者で「しずおか未来の森サポーター協定」を締結したことを5月13日に公表した。アデランスは、今回の締結により、「静岡県立森林公園」(浜松市浜北区尾野)でのアカマツ林再生活動への協力を民間企業として、初めて開始することになる。

アデランスは、環境保全への取り組み「フォンテーヌ緑の森キャンペーン」を、2009年から実施している。同キャンペーンは、使わなくなったウィッグを持ってきたお客にクーポンを進呈し、同クーポンを利用して新たなウィッグを購入する際に、割引価格が適用されることに加え、クーポン1枚使用につき100円分を植林支援を行うというもの。同キャンペーンを通じ、アカマツ林再生活動に協力する。

静岡県立森林公園では、アカマツ林を主体とした自然の景観として県民に親しまれ、また環境省からも「生物多様性保全上重要な里地里山」として選定されるなど、希少生物の生息地としても評価されている。しかし、11年の東日本大震災の影響で、松くい虫防除剤の空中散布用のヘリコプターが確保できず、松くい虫の被害が激増。そのため、園内の広範囲に純林として存在していたアカマツ林が、10年前の約3分の1程度にまで減少している。

こうした状況を鑑みて、アデランスは同地のアカマツ林再生活動への協力を決定。アカマツ林の再生には数十年を要し、18年に50周年を迎えた同社は100周年に向けて、同地のアカマツ林が再興できるようサポートしていく。