米長官、TPPと同様の扱い期待

農産物関税引き下げで日本に

©一般社団法人共同通信社

取材に応じるパーデュー米農務長官=13日、東京都内

 パーデュー米農務長官は13日、日米貿易交渉で目指す米国産農産物の関税引き下げに関し、環太平洋連携協定(TPP)参加国や、日本と経済連携協定(EPA)を結んだ欧州連合(EU)と同様の扱いを期待するとの認識を改めて示した。東京都内で記者団の取材に応じた。

 パーデュー氏は、各協定の発効でTPP参加国やEUが日本に輸出する農産物の関税が引き下げられ、「米国の農家は不利な状況に直面している」と強調。「公正な扱いを受けたい」と訴え、日本に市場開放を迫った。

 米国が巨額の対日貿易赤字を抱えている点も問題視した上で「良い顧客なりの扱いを期待する」と語った。