地域おこし協力隊 大谷君の「それいけ!越前探検隊!」

福井県越前町 広報えちぜん令和元年5月号

©株式会社VOTE FOR

soreike! echizen tankentai!

■act.12「空き家活用法、検討中。」
こんにちは。地域おこし協力隊の大谷です。少し前の話ですが、2月17日に石川県小松市にある「こまつ町家文庫」で開かれた「冬のこまつ蚤(のみ)の市」に行ってきました。普段は古民家をリノベーションした古本カフェとして営業している「こまつ町家文庫」ですが、この日は蚤のみの市ということで、特別に他のお店も出店していました。会場は多くの人で賑わっていて、空き家を「地域資源」として上手に活用できているなと実感しました。
越前町も空き家が多いので、「こまつ町家文庫」のようにリノベーションした空き家が、地域が盛り上がるための資源として活用できればいいなと思いました。

○こまつ町家文庫の外観。築80年以上の町家をそのまま利用しているそう。
○こちらは2階のイベント出店の様子。アンティーク小物のお店と古着屋が出店していました。
○こまつ町家文庫の戸をくぐると…たくさんの古本がお出迎え!本好きにはたまらない空間です。奥にはカフェスペースも。
○向かいの建物もイベント会場に。外にも商品の古家具が並んでおり、前を通るだけでイベントの雰囲気が伝わってきました。