岡田准一:福士蒼汰と「2人の夢かなった」と喜び! 愛情込めた“師弟”のアクション完成

©株式会社MANTAN

映画「ザ・ファブル」の完成披露試写会に登場した岡田准一さん

 人気グループ「V6」の岡田准一さんが13日、東京・新宿ピカデリーで開催された主演映画「ザ・ファブル」(江口カン監督、6月21日公開)のレッドカーペット&完成披露試写会に、福士蒼汰さんらと共に出席。福士さんと「図書館戦争」シリーズでも共演している岡田さんは「いつか『戦う役をやりたい』と福士君が言ってくれていた」と明かし、「2人の夢がかないました!」と笑顔をはじけさせた。

 「ザ・ファブル」は、マンガ誌「週刊ヤングマガジン」(講談社)で連載中のマンガが原作。天才的な殺し屋として裏社会で恐れられる通称ファブル(岡田さん)が、ボス(佐藤浩市さん)から「1年間殺し屋を休業し、大阪で一般人として普通の生活を送る」という指令を与えられ、殺しを封印して佐藤アキラという偽名で普通の生活を始める……というストーリー。イベントには木村文乃さん、山本美月さん、福士さん、柳楽優弥さん、向井理さん、安田顕さん、佐藤浩市さん、木村了さん、江口監督も出席した。

 福士さんは「以前の共演では、岡田さんが教官で、僕が部下という仲間の関係だった。また共演させていただくときには『戦いたいな』と思っていた」と告白し、「今回のオファーをいただいたときに、岡田さんとバトルもする役だということで。『わあ! ついに! 俺の夢がかなったぞ!』と即決しました。5年越しくらい、ずっと『岡田さんが師匠で、尊敬している』と言っていた」と喜びをあふれさせた。

 岡田さんと福士さんのアクションシーンでは、岡田さんが振り付けも行なったそうで、岡田さんは「愛情を込めて作りました」と大満足の表情。福士さんも「愛情、めちゃくちゃ感じました。ぜいたくな時間」とニヤニヤが止まらず、司会から「岡田さんのどこがかっこいい?」と聞かれると、「すべて、全部、可愛い。間違えた! すべてがかっこいい!」と言い間違えてしまう一幕も。「役者としても人間としても素晴らしいと常々思っています」と続けると、岡田さんは「恥ずかしい」と大照れだった。

 また、ファブル役は裸でいる時間も多かったといい、岡田さんは「原作がそうなので、やらなかったらやらないで『アイツ、やらないなみたいな』空気になるじゃないですか。原作がやっているので、作品の力になるために、頑張るのが普通。やると決めて、やりました」と覚悟を明かし、「バスローブでの現場入りが多かった。それは初めての経験」と語り、会場の笑いを誘っていた。