英仏独がイラン核合意維持で一致

米長官訪欧

©一般社団法人共同通信社

左からEUのモゲリーニ外交安全保障上級代表、フランスのルドリアン外相、ドイツのマース外相、ハント英外相=13日、ブリュッセル(ゲッティ=共同)

 【ブリュッセル共同】イランが米国による制裁再開への対抗措置として核合意履行の一部停止を表明したことを巡り、英仏独の3外相と欧州連合(EU)の外交トップは13日、ブリュッセルのEU本部で対応策を協議し、核合意維持の方針で一致した。ドイツのマース外相が記者団に明らかにした。

 マース氏はポンペオ米国務長官とも会談し、米国とイランを巡る中東での軍事的緊張の高まりに懸念を表明した。

 8日にイランが一部停止を表明して以降、米中ロとともに核合意に加わった英仏独の協議開催は初めて。

 ポンペオ氏は13日にブリュッセル入りした。