目指すは消防士、ポンプ操法披露 遠野、演習で宮守小クラブ

©株式会社岩手日報社

軽ポンプ操法を披露する宮守小の少年消防クラブ員

 遠野市と市消防団(松田克之団長)は12日、市中心部の早瀬川緑地公園などで消防演習を行い、火災や災害から市民を守る気概を新たにした。

 団員や市婦人消防協力隊員ら約840人が参加。市街地で分列行進を行い、同公園では団員らが放水訓練などを展開した。

 宮守小少年消防クラブはきびきびとした動きで軽ポンプ操法を披露。消防士志望の千葉蒼太君(6年)は「実際の火事現場を意識して臨んだ。今日の経験を将来に生かしたい」と誓った。