ヴォルターズ タプスコットら自由交渉リスト

©株式会社熊本日日新聞社

 バスケットボールBリーグ2部(B2)の熊本ヴォルターズは13日、フォワードのチェハーレス・タプスコット(28)ら6選手が、他チームとも交渉可能な自由交渉リスト入りしたと発表した。

 リスト入りはタプスコットのほか、センターのジョシュ・ドゥインカー(30)とチリジ・ネパウエ(29)、フォワードの福田真生(29)と俊野佳彦(26)、ガードの並里祐(31)で、いずれも主力として西地区初優勝に貢献。クラブは引き続き6選手と交渉する。

 タプスコットは昨季まで2季連続B2得点王を獲得し、愛媛から今季移籍。リーグ戦52試合に出場し、1試合平均23・4得点でB2ランキング4位、アシストは4・81で同9位に入った。

 ドゥインカーは42試合で平均21得点をマーク。後半19試合に出場したネパウエは平均13・5得点、10・9リバウンドだった。福田と俊野は全60試合に出場、並里は控えのガードでチームを支えた。(中村美弥子)

(2019年5月14日付 熊本日日新聞朝刊掲載)