NIPPOの初山翔が単独エスケープ!ジロ・デ・イタリア2019 第3ステージ

©株式会社八重洲出版

第102回ジロ・デ・イタリア(2.UCIワールドツアー)第3ステージは2019年5月13日、ルネッサンスの巨匠レオナルド・ダヴィンチの生まれ故郷であるヴィンチから、ティレニア海沿いのオルベテッロまでの220kmのロングステージで行われた。

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネは前日に引き続き、まずは逃げに選手を送りこむべく、この日は「逃げると決めていた」という初山翔がファーストアタックを仕掛ける。集団からリードを奪ったものの、追走を仕掛ける選手は現れず、スタート後2km地点から、初山の長いソロエスケープが始まった。

いくつかの起伏や強い横風や追い風が吹くシーンがあったが、集団は落ち着いて走行。初山は最大で7分強のタイム差を稼いだが、中盤に差し掛かると強い風に影響により、集団はややナーバスになりながらペースアップ。沿道の大声援を受けて力強く走っていた初山だが、迫り来る集団の勢いには叶わず、今大会最初の逃げは144kmで幕を閉じた。

その後も集団はハイペースを刻み、強い風もあって70人ほどに人数を減らし、やや小さくなった集団でのゴールスプリントの展開となり、新人スプリンターのジョバンニ・ロナルディが世界屈指のスプリンターに食らいつき、区間13位でレースを終えた。

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネ
ジロ・デ・イタリア2019出場選手
初山翔
マルコ・カノラ(イタリア)
フアンホセ・ロバト(スペイン)
イヴァン・サンタロミータ(イタリア)
ニコラ・バジョーリ(イタリア)
ダミアーノ・チーマ(イタリア)
ジョバンニ・ロナルディ(イタリア)
西村大輝(※第1ステージでタイムアウト)
監督 マリオ・マンゾーニ、水谷壮宏、アレッサンドロ・ドナーティ

102nd Giro d'Italia
第102回 ジロ・デ・イタリア

開催期間/2019年5月11日(土)〜6月2日(日)
カテゴリー/2. UCIワールドツアー
開催国/イタリア
公式サイト

第3ステージ結果
1 GAVIRIA Fernando UAE-Team Emirates 100 80 5:23:19
2 DÉMARE Arnaud Groupama - FDJ 40 50 ,,
3 ACKERMANN Pascal BORA - hansgrohe
13 LONARDI Giovanni Nippo Vini Fantini Faizanè 3 +0
79 LOBATO Juan José Nippo Vini Fantini Faizanè 0:46
92 CANOLA Marco Nippo Vini Fantini Faizanè ,,
133 BAGIOLI Nicola Nippo Vini Fantini Faizanè 2:28
135 SANTAROMITA Ivan Nippo Vini Fantini Faizanè ,,
142 CIMA Damiano Nippo Vini Fantini Faizanè ,,
169 HATSUYAMA Sho Nippo Vini Fantini Faizanè 3:14

個人総合成績
1 ROGLIČ Primož Team Jumbo-Visma 10:21:01
2 YATES Simon Mitchelton-Scott +0:19
3 NIBALI Vincenzo Bahrain Merida +0:23
84 CANOLA Marco Nippo Vini Fantini Faizanè +2:43
110 BAGIOLI Nicola Nippo Vini Fantini Faizanè +4:46
122 SANTAROMITA Ivan Nippo Vini Fantini Faizanè +5:49
150 CIMA Damiano Nippo Vini Fantini Faizanè +14:16
155 LOBATO Juan José Nippo Vini Fantini Faizanè +14:55
156 LONARDI Giovanni Nippo Vini Fantini Faizanè +15:06
171 HATSUYAMA Sho Nippo Vini Fantini Faizanè +18:55

初山翔のコメント

監督のマリオからは「逃げに乗れ」と言われていた。昨日も同じオーダーが自分とチーマに出ており、昨日はチーマが乗ったので、今日はお前が行け!という感じだった。

風もあったので集団にいてもラクではないと思っていたので、スタート直後からアタックを仕掛けた。誰も付いてこなかったので、タイム差が1分ほど開いたところで少し後ろを待ったが、誰も来ず、これはもう一人で行くしかないと思った。

この状況で逃げ切りの可能性はないと思っていたが、できるかぎり逃げたい、ゴールから近い位置で捕まりたいと考えながら走り続けた。無茶に踏んでいっても、捕まることはわかっていたし、今日のゴールまでの展開や、まだ3週間レースが続くということも考慮して無理をしない程度に温存しながら走った。

今日、逃げに乗れたことは良かったと思う。携帯がなりやまないくらいの大きな反響をいただいていて嬉しい。明日からもエネルギーを温存できるところはとことん温存しながら、逃げなのか、何かできることをしたい。今日1日で3週間分の仕事をしたとは思っていないので、また明日からも引き続き頑張りたいと思う。

今後のレーススケジュール(予定)

5月11日〜6月2日 Giro d'Italia(イタリア、2.UCIワールドツアー)
5月19日〜26日 Tour of Japan(日本、UCIアジアツアー2.1)

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネ公式サイト

*サイスポ・ニュース: 初山が逃げたジロ・デ・イタリア2019第3ステージはヴィヴィアーニ降格でガビリアが区間優勝