きょう奄美で梅雨入り 大雨の季節へ

奄美 平年より3日遅く 昨年より13日早い梅雨入り

©株式会社サニースポット

きょう14日(火)11時、気象庁は奄美地方が梅雨入りしたとみられると発表しました。

西の中国大陸から沖縄・奄美付近にかけては前線が長くのび、前線の南側にはインド洋のほうから非常に暖かい湿った空気が流れ込んできています。

その暖かい湿った空気が、ただ流れ込むだけでは大雨とはなりませんが、前線や低気圧の近く大気の下層で、風と風がぶつかる場所、地形の影響を受ける場所では、雨雲が発達し、ときには災害につながるような大雨をもたらします。

きのうは、沖縄・与那国島で猛烈な雨が続いて、400ミリ以上の大雨となり、道路冠水など被害が出てしまいました。今朝は奄美大島周辺で雨雲が発達し、局地的には1時間で30ミリ前後の激しい雨や雷雨となっていますが、午後も引き続き、落雷や竜巻などの突風、短時間の強い雨に注意してください。

この先、奄美や沖縄では曇りや雨の日が多くなりそうです。沖縄地方の梅雨入りの発表も間近でしょう。いよいよ大雨災害に気を付けなければいけない季節がやってきました。

避難場所や防災グッズを確認したり、水の流れが滞らないように側溝の掃除をしたり、今のうちに大雨への備えをしておきましょう。気象情報はこまめに積極的に入手してください。