五輪会場花の鉢植えでおもてなし

子どもたち参画

©一般社団法人共同通信社

セキュリティー検査のエリアに花の鉢植えを並べる「フラワーレーンプロジェクト」のイメージ図(Tokyo2020提供)

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は14日、大会期間中に全競技会場の入場待ちの行列を仕切る金属製の柵に代わり、小学校低学年などの子どもたちが育てた花の鉢植えを並べて観客をもてなす計画を発表した。子どもたちの参画意識を高めて大会機運を盛り上げると同時に、柵の経費削減も見込んでいる。必要な数は約4万鉢を想定し、会場のある自治体と連携して参加を希望する学校を募る方針。

 鉢植えを置くのは各会場の入り口に設置されるセキュリティー検査のエリア。組織委は「フラワーレーンプロジェクト」と銘打ち、手荷物の検査を待つ列を区切る柵の役割として活用する。