古墳周辺の開発影響予測、対策を

文化庁と地元、仕組み構築へ

©一般社団法人共同通信社

世界文化遺産に登録が勧告された百舌鳥・古市古墳群の仁徳天皇陵古墳(中央)=14日午前、堺市(共同通信社ヘリから)

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)諮問機関が世界文化遺産への登録を勧告した大阪府の「百舌鳥・古市古墳群」を巡り、文化庁と地元自治体は14日、周辺での開発が古墳に与える影響を予測し、対策を練る仕組みの構築に取り組むことを確認した。勧告が、住宅地が広がる古墳の周辺環境に触れ「都市における開発圧力」が懸念されると指摘したため。

 文化庁などは学識経験者らと連携。古墳の周辺で大規模商業施設などの計画が浮上した際に、古墳や周辺景観にどのような影響が生じるかを予測し、早期に対策を講じる仕組みづくりに乗り出す。

 また古墳を保全していくための整備計画を、数年に1度見直す。