King & Prince・神宮寺勇太演じるミステリアスなキャラに注目! 神尾楓珠&優希美青が兄妹役で初共演

©株式会社東京ニュース通信社

King & Prince・永瀬廉が初主演する、5月17日公開の映画「うちの執事が言うことには」において、物語のカギを握るミステリアスなキャラクターを演じるKing & Prince・神宮寺勇太と、主人公に仕える兄妹役を演じる神尾楓珠と優希美青のスペシャル映像が解禁となった。

本作は、永瀬扮(ふん)する主人公で名門・烏丸家27代当主・烏丸花穎と清原翔扮する新米執事の衣更月蒼馬が、烏丸家に降りかかる難事件に立ち向かう上流階級ミステリー。

今回公開となった「スペシャル映像 赤目刻弥篇」は、King & Princeが歌う主題歌「君に ありがとう」に乗せて、神宮寺演じる大学生でありながら企業家で、パティスリー「アントルメ・アカメ」のオーナー・赤目刻弥が、永瀬演じる花穎と出会うシーンからスタート。赤目は「はじめまして、花穎」と、出会ってすぐの花穎を名前で呼び、ハグをするほどフレンドリーな様子を見せる。しかし、パーティーでのある事件において、花穎が犯人だと疑われた際、赤目は犯人の顔を見ていたにも関わらずそれを明かさなかった。そのことを、執事の衣更月から「犯人の顔を見ていらっしゃらない、とおっしゃったそうですが、どうしてそのようなことを…」と問われた赤目は、「その方が、面白くなると思ったからさ」と意表を突く言葉を発する。赤目は花穎の友人ではないのか…。謎が深まる赤目の言動に目が離せない内容となっている。

クランクイン初日に、花穎と赤目が出会うパーティーシーンを撮影。神宮寺は「花穎にハグするシーンはちょっと戸惑いました」と普段の自分とはかけ離れたキャラクターを演じるにあたり、最初は少し照れがあったよう。しかし、劇中では、笑顔でビッグハグを披露している。また、烏丸家の応接室で花穎と談笑するシーンは「2人で話している内容はアドリブだった」と明かし、永瀬との共演については「普段接しているメンバーとしての廉じゃなく、現場では花穎にしか見えなかったので接しやすかった」と振り返った。そして、見どころについて「すれ違いとか、人間関係をしっかり描いている作品なので、ストーリーにのめり込んでもらえるんじゃないかと思います。それぞれのキャラクターが、いろんな気持ちを抱えていて、どなたにも共感できるポイントがあると思うので、ぜひ見てください」とアピールした。

一方、「スペシャル映像 雪倉峻&美優兄妹篇」は、烏丸家を支える使用人である、神尾演じる雪倉家の兄・峻と優希演じる妹・美優の魅力と成長を感じさせるシーンが満載だ。

花穎が幼少のころから烏丸家でハウスキーパー兼料理人として働く母・雪倉叶絵(原日出子)が体調を崩した代わりに、急きょ、ハウスキーパー代理人として烏丸家で働くことになった2人。今回公開されたスペシャル映像では、応接室に入るや否や、当主の花穎がいることに気付かず、「すっご~い!」と目をキラキラさせて感嘆の声をあげる無邪気な美優の姿や、一生懸命に仕事をこなすも、言葉遣いやマナーはまだまだ発展途上な2人の初々しい姿が描かれている。

今回、初共演を果たした2人。神尾は「撮影の合間、ずっと『名探偵コナン』の話をしてくる(笑)。それを僕は聞いていたんですけど、その関係性が峻と美優に似てるかなって思いました」と語り、優希は「妹役って聞いた時は私自身が大人っぽく見られがちなので、妹に見えるかなと不安だったんです。でも神尾さんと初めてお会いした時に、しっかりされていて、雰囲気も大人っぽく、眉毛も濃さが似てるなと(笑)。兄妹になれそうだと思いました」と印象を振り返った。また、劇中で峻が、芽雛川家のパーティーに出席する花穎のために洋服をコーディネートするシーンで、神尾は「普段黒の服しか着ないから、ファッションのことが全く分からなくて(笑)。ファッションやコーディネートを知っているようにセリフを言わなきゃいけないから難しかったです」と苦笑していた。