釧路署の警官が断りなく立ち入り

「不適切」指摘受け、道警謝罪

©一般社団法人共同通信社

 北海道警釧路署の警察官3人が今年3月、道交法違反事件を捜査する過程で釧路市内の女性の車を任意で調べた際、女性に断りなく自宅敷地内に立ち入っていたことが14日、道警などへの取材で分かった。

 道公安委員会は4月に「不適切な職務執行」と指導、釧路署は女性に謝罪した。

 道警によると、制服姿の警察官らが3月20日、女性の車の状態などを確認していたところ、在宅中の女性が気付き、公安委に通報した。その後、4月に公安委から「不適切」との指導を受けたことを踏まえ、同24日、釧路署の和田賢次副署長が女性に直接経緯を説明し、謝罪した。