桜美林「教員免許状更新講習システム」開始、eラーニングで更新可能に

©株式会社イード

「教員免許状更新講習システム」利用シーン

桜美林学園は「教員免許状更新講習システム」をプラットフォームに、全国の幼稚園・小学校・中学校・高等学校・特別支援学校など全教員を対象にしたeラーニングサービスの提供を2019年5月16日より開始する。

2009年4月1日に導入された教員免許状更新制は、その時々で求められる教員として必要な資質や能力が保持されるよう、定期的に最新の知識技能を身に付けることを目的に始められた制度。しかしながら更新にあたり、教員は大学などで開催される教員免許状更新の講習を30時間以上受講し修了判定を受ける必要があり、日々の業務において多忙を極める教員にとって、少なからず負担になっているという課題があった。

桜美林学園は、教員免許状の更新講習や修了判定をeラーニングで行えるサービスとして「教員免許状更新講習システム」をキヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)およびキヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)と共同で開発、構築し導入。全国の幼稚園・小学校・中学校・高等学校・特別支援学校などの全教員を対象にサービス提供を開始する。

この「教員免許状更新講習システム」は、講習システムと顔認証システムのふたつの仕組みを組み合わせた構成となっている。講習システムはeラーニングシステムをベースに、学習用コンテンツの動画とスライド資料を配信できる。顔認証システムはキヤノンITSのクラウドサービス「テレワークサポーター」を利用し、受講者が受講申込時に提出した顔写真から本人であることを確認。受講開始時の顔認証のみならず、受講中も常時顔認証を行い、本人と認証している時のみ講義を修了できる仕組みになっている。

このシステムにより、受講者は講習から修了確認試験までを24時間365日いつでもオンラインで行えるようになる。決められた日時に何度も受講のために会場に通うことなく、自分の空いた時間を有効に活用し教員免許状を更新することが可能となる。

鶴田雅美