日立製新型車両、英の鉄道で運行

AZUMA、15日から

©一般社団法人共同通信社

14日、ロンドンのキングスクロス駅のホームに入る日立製作所製の新型車両「AZUMA(あずま)」(共同)

 【ロンドン共同】英国のロンドンと北部スコットランドを結ぶロンドン北東鉄道(LNER)は14日、日立製作所が納入した新型車両「AZUMA(あずま)」を日英メディアなどに公開した。あずまは15日に営業運転開始。架線から電気を取り込んで走行する「電車」でありながら、非電化区間でもディーゼル走行できるのが特徴だ。

 当面はロンドンから中部リーズまでの約300キロの電化区間を走行させ、いずれ北部エディンバラまで運行する予定。さらにエディンバラとインバネス、アバディーンを結ぶ非電化区間でも走らせる計画だ。

 LNERは今後、現行車両を全てあずまに置き換える予定。

14日、ロンドンから英中部ピーターバラに向かう日立製作所製の新型車両「AZUMA(あずま)」の内部(共同)