資材置き場で家電燃え黒煙、茨城

小学生ら約20人が目や喉の痛み

©一般社団法人共同通信社

黒煙を上げる火災現場=15日午前9時17分、茨城県常総市(共同通信社ヘリから)

 15日午前6時ごろ、茨城県常総市坂手町のリサイクル業者から「火災が起きている」と119番があった。県警常総署によると、資材置き場で家電などの廃材が燃え、黒煙が上がっている。常総市教育委員会によると、小学生ら約20人が目や喉の痛みを訴えた。市教委は市内の幼稚園と小中学校に野外で活動しないよう注意を呼び掛けた。

 署によると、廃品となった家電や金属類を解体する場所で、敷地内に積まれていた電子レンジや冷蔵庫などから出火した。

 付近には金属が燃える臭いが立ち込め、マスクを装着した消防隊員らが消火に当たった。現場周辺は畑や林などが広がっている。