「性的虐待」把握も保護解除 医師診断、女児被害訴え 野田小4死亡

©株式会社千葉日報社

 野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=が自宅浴室で死亡した虐待事件で、心愛さんが千葉県柏児童相談所に一時保護中、父親の勇一郎被告(41)=傷害致死罪などで起訴=から下着を下ろされたなどと訴え、医師が性的虐待の疑いがあると診断していたことが14日、関係者への取材で分かった。柏児相はこうした事実を把握しながらも、一時保護を解除していた。

 千葉県関係者によると、心愛さんは2017年11~12月、児相職員に「夜中に起こされ、パパが急にズボンを下ろしてきた。パンツも脱げた」と話した。「やめてよ」と言いズボンを上げると、勇一郎被告から「そんなこと言うとばれるだろ」と言われたという。

 心愛さんはさらに、就寝時に手で口や鼻をふさがれ「死ぬかと思った」「唇が腫れていてマスクをして学校に行った」と身体的虐待も訴えた。医師は「暴力行為だけでなく性的虐待を含み、恐怖心はかなり強い」と意見をまとめ、17年12月中旬、心的外傷後ストレス障害(PTSD)と判断した。県はわいせつが疑われる事案は「他に把握していない」としている。

 医師の診断内容は、12月27日に柏児相の援助方針会議で共有。その上で親族宅で暮らすことを条件に一時保護を解除した。ただ、県の虐待対応マニュアルは「性的虐待の疑い」がある場合、緊急性を高くし一時保護を検討するとしている。

 県や柏児相はこれまでの会見などで、性的虐待に関する心愛さんの訴えを明らかにしていなかった。県幹部は「個人の尊厳に関わるので慎重に扱うべき内容だった。性的虐待に当たるか否かも含め、県の第三者検証委員会の結果を待ちたい」としている。

 心愛さんは17年11月6日、学校のアンケートで勇一郎被告からの暴力を訴え、柏児相が翌7日から一時保護。12月27日に親族宅での生活を条件に解除し、18年2月28日に柏児相で援助方針会議を開き自宅への帰宅を追認した。心愛さんは今年1月、自宅浴室で死亡した。

 事件では母親のなぎさ被告(32)も傷害ほう助罪で起訴され、16日に千葉地裁で初公判が開かれる。