【MLB】大谷翔平、際どいクロスプレーとなった俊足に敵将唖然 「彼は走り回るゴジラだ」

©株式会社Creative2

敵地ツインズ戦で先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

1点を追う8回に中前打で二走の大谷が一気にホームを狙うも際どいタイミングでアウトに

■ツインズ 4-3 エンゼルス(日本時間15日・ミネソタ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は14日(日本時間15日)、敵地でのツインズ戦で「3番・指名打者」で出場し4打数3安打1打点の大活躍。今季初の猛打賞をマークし打率を.321に上げた。8回に二塁から同点のホームを狙いクロスプレーでアウトになったが敵将ロッコ・バルデリ監督は「球界で屈指の俊足、彼は走り回るゴジラだ」と絶賛した。

 際どい判定に泣いたのは1点を追う8回2死一、二塁の場面。二走の大谷はグッドウィンの中前打で俊足を飛ばし一気にホームを狙いスライディング。際どいタイミングとなったが判定はアウトとなった。

 この試合を中継した「FOXスポーツ・ノース」公式ツイッターは試合後に会見に応じたツインズのロッコ・バルデリ監督のコメントを紹介。8回に大谷をホームでアウトにした一連の流れを「オオタニをアウトにするには(バクストンの送球から、ガーバーの捕球&タッチまで)一つ一つを完璧にこなすことが求められた。彼は本当に走れる選手だから」と説明。

 さらに「彼についてあまり知られていないことが一つあって、それは、彼が球界で屈指の俊足であるということ。言ってみれば彼は走り回るゴジラだ」と、打撃だけでなく快足ぶりも称賛していた。(Full-Count編集部)