【ブンデスリーガ】世代交代進めるバイエルン シティで出場減少のザネ獲得を狙う

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

世代交代を進めるバイエルン・ミュンヘンが、今夏の移籍市場でマンチェスター・シティのドイツ代表MFレロイ・ザネの獲得を狙っているようだ。

【プレミアリーグ】アグエロがバロンドールに大親友を推薦「メッシ以外考えられない」

バイエルンは今シーズンいっぱいで、フランク・リベリやアリエン・ロッベン、さらにラフィーニャといった長年チームを支えてきた選手が退団に。来シーズン以降はフレッシュな陣容が求められ、マーケットでは若手選手を探している。そんな中、バイエルンはブンデスリーガでプレーした経験があるザネを注視。すでに実績のあるザネを新たな中心選手に据えて、UEFAチャンピオンズリーグ優勝を目指す方針だ。

23歳のザネは2016年にシティに加入して以来、速さと巧さを兼ね備えたドリブルでチームに貢献。ところが、今シーズンは開幕から精度を欠いたプレーが散見し、ベンチスタートが増加に。プレミアリーグで10ゴール10アシストと及第点の記録こそ残したものの、先発出場は21試合に留まっていた。シティのフットボールディレクターを務めるチキ・ベギリスタイン氏は、リスクを冒したくないことを前提に置いたうえで、市場での売却を強いられるかもしれないと放出を示唆した。

バイエルンがシティで燻っているザネを狙う