“西園シェフ”のスイーツが売り切れ必至!大阪・肥後橋「セイイチロウ ニシゾノ」へ

©株式会社サンケイリビング新聞社

<大阪発>スイーツ界の王子様と巷で呼ばれている”西園シェフ”。そのシェフのお店「Seiichiro,NISHIZONO」(セイイチロウ ニシゾノ)に行ってきました。ずっと気になっていた、素晴らしいスイーツを提供される大人気のお店。

スイーツの王子様は殆どご自分のお店にはおられないそう。理由は後程。では、心に残るスイーツをご紹介致します。

出典:リビング大阪Web

大阪メトロ肥後橋駅徒歩5分。西船場公園の前にあります。SNのマークが目印です。知らない方は通り過ぎてしまうかもしれません

取材にお伺いした時、ケーキは既に完売。しかし、通常置かれてる2品を作ってくださいました。ありがとうございます。

出典:リビング大阪Web

見た目も素敵、まさにドラマティック!!外の白い部分はWチョコと白ローズのムースで良い香りが漂っています。

上には、薄くのばしたお洒落なデザインの、ホワイトチョコ。このチョコ、す~~~~っと口の中で溶けていきます。感動もののくちどけです。

出典:リビング大阪Web

ムースの中にはラズベリーとマロンジュレが入っています。粒粒入りの深紅の濃厚ジュレがドラマティックな物語を始めてくれるようです。

控えめでありながらもほのかに漂うローズの香りが五感を刺激し、体の中に溶け込んでいきます。高級感溢れるローズの香りは女性ファンが多く、このケーキは乙女心を鷲掴みにします。

目と口だけでなく香りで心まで満たしてくれるケーキは嬉しいですね。

土台はマロンペースト入りのパン・ド・ジェーヌの焼き菓子になっています。三位一体、どれもお互いの味を邪魔せず、それでいて飽きず楽しめる工夫が詰まっています。

出典:リビング大阪Web

黒糖、キャラメル入りチョコレートクリームが挟まれ、チョコスポンジの生地にはキャラメルとウイスキーのシロップをしっかりと染み込ませた「オニキス」。塩気がチョコレートに入っています。最後には黒糖、キャラメル、チョコと一緒に塩味も口に広がります。

濃厚ながら最後まで飽きない美味しさで、まさか塩味が…と、嬉しい裏切りも盛り込まれています♪非常に計算された味だと驚かされます。

出典:リビング大阪Web

そして、大人気商品のヌガー。このヌガーはフランスのモンテリマールという街の伝統菓子「ヌガーモンテリマール」を西園シェフがアレンジ。ヌガーなので、キャラメルのような食感を想像していましたが全く違いました。サクッとした食感で、見た目もとてもお洒落!フィリングもたっぷり入っています。

出典:リビング大阪Web

上の「ヌガー・フレーズ」は苺とココナッツがたっぷり入っていて、フレッシュ苺の香りが広がります。中央の白い「ヌガー・モンテリマール」は アーモンド、はちみつ、ピスタチオ、アプリコットなどが、華やかで至上の美を競っているように見えます。美しい~♪下の「ヌガー・キャフェ」はコーヒーの香りが後引くほど口の中に漂います。甘くてほろ苦い、王子様のような雰囲気でしょうか。

出典:リビング大阪Web
出典:リビング大阪Web
出典:リビング大阪Web
出典:リビング大阪Web

他にも、お洒落で上品なお菓子が沢山ありました。こちらのお菓子なら間違いなくプレゼントにも喜ばれ、株が上がること間違いなし!

出典:リビング大阪Web

スイーツ界の王子様、西園シェフです。月に4〜5日しか大阪のお店におられない西園さんが作るパフェは、予約必至の逸品でイートイン限定。今回は4月末から5月初旬の5日間だけ食べる事ができました。次回、いつ登場するかは未定だそうです。

西園シェフ、タイでは9つのお店を展開。シンガポールのお菓子学校では4000人の生徒を持っているそう。大阪のお店におられない理由は、アジアや日本全国、引っ張りだこの為でした。

そんな凄い先生なのに、気さくにどんな質問にも丁寧にお答えくださいました。

お洒落でテーマを持った繊細なスイーツを考案し、体にやさしい材料も考え、お客さまにも親切。やっぱりスイーツ界の王子!スイーツ界のカリスマ的存在ですね。

西園シェフがいない間、留守を守って美味しいケーキを作られてるスタッフさんは、本年度パティシエ大会で優勝された腕の持ち主。西園シェフが安心して世界を股にかけられるはずです。

Seiichiro,NISHIZONO(セイイチロウ ニシゾノ)

住所:大阪市西区京町堀1-12-25

電話番号:06-6136-7771

営業時間:11:00~20:00

定休日:火曜日・水曜日

https://www.seiichiro-nishizono.com/