引退発表したシャビ、アル・サッドの指揮官就任が有力か?

©フットボール・トライブ株式会社

シャビ  写真提供:Getty Images

今季限りで引退することを発表したアル・サッドの元スペイン代表MFシャビがアル・サッの指揮官に就任する可能性が浮上している。スペイン紙『ムンド・デポルティボ』が伝えている。

かつてバルセロナに所属し、数々のタイトルを獲得してきたシャビ。2015年夏にバルセロナに別れを告げ、活躍の場をカタールのアル・サッドに移していた。

そんなシャビは、今季限りでスパイクを脱ぐことを決断。今後の進路については監督業を行うことを視野に入れていることを明言している。

そして今回の報道によると、シャビがアル・サッドの監督に就任する可能性があるという。アル・サッドは2015年から今シーズンまで指揮していたジェズアウド・フェレイラ監督の辞任を発表。その後任としてシャビが就任するのではないかと予想されている。

果たして、シャビは来季から監督業をスタートさせることができるだろうか。