東京のおもしろ居酒屋を紹介! 心を込めてセリフを言わないとオーダーできない!?

©株式会社J-WAVE

J-WAVEで放送中の番組『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』(ナビゲーター:別所哲也)。5月14日(火)の「ZOJIRUSHI MORNING INSIGHT」のコーナーでは、珍スポットや変わった店などを紹介するサイト「東京別視点ガイド」編集長、松澤茂信さんが登場。東京のおもしろい居酒屋を伺いました。

■一度は行きたいおもしろ居酒屋

2011年に始まった東京別視点ガイドは、日本中の変わった観光地を渡り歩いてレポートしているサイトです。例えば、「変わったおじさんがやってる博物館」など。東京だけでなく、タイや台湾にも足を運んでいるとか。そんな松澤さんがおすすめの、変わった居酒屋とは?

・かがや(新橋)
松澤:10人、15人入るといっぱいになっちゃう居酒屋です。終始、店長のパフォーマンスを見続けなければならないお店です。例えば、メニュー名がセリフになっているんです。「店長今日はお腹がペコペコだから満腹まで食べさせてよコース」という感じで、そのセリフを心を込めて読まないとメニューを作ってくれないんです。「気持ちが全然伝わってこない」と言って何度でもやり直しを食らわされます(笑)。ドリンクの持ってきてもらう方法も選べて、日本、ドイツ、ブラジル、中国など国別になっていて、日本を選ぶとすごいしっかりとした日本舞踊を3、4分踊ってから持ってくるとか。だからドリンクが出てくるまでに1時間かかることもあります。
別所:えぇ!?

この「かがや」は満席になっていることが多く、半分は外国人のこともあるそうです。

・ポジティブ居酒屋 思いやり(新宿)
松澤:ポジティブのみの居酒屋で、ネガティブな発言や行動を3回以上すると退店させられるお店です。ここも10人から15人くらいしか入らない小さなお店で、ポジティブティーチャーと名乗る店長が全てをジャッジします。オープンしたての頃は「今日、仕事疲れたな」ぐらいでもネガティブ判定されていたんですけど、1、2年前くらいからは「疲れた」ということは仕事を頑張ったってことだからいいということになりました。
別所:(笑)。
松澤:最近は退店はありえなくなって、「ネガティブな状態があるからポジティブな状態もあるんじゃないか」とネガティブもありなニュアンスで全てを受け入れてくれますね。ご飯は普通においしいです。

■海外の珍スポットツアーも

松澤さんは、サイトから派生した観光会社「別視点」も運営しています。「別視点ツアー」もあります。

松澤:ウェブで紹介したような場所をバスで巡ったりしています。たとえば台湾の珍スポットを2泊3日で巡るツアーをやりました。
別所:もはや東京じゃないんだ(笑)。
松澤:東京もやるんですけど、離れて海外に行っちゃってます(笑)。
別所:それは、人気で人が集まったからですか?
松澤:台湾は面白いスポットがあって、変わったお寺でいうと貝殻だけで霊廟を作ってたり、村中が一人のおじいさんの落書きで埋め尽くされた村だったり。
別所:へえ!

おもしろスポット満載の東京別視点ガイド、気になった方はぜひサイトをチェックしてみてください!

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/tmr

【関連タグ】
TOKYO MORNING RADIO   おでかけ   グルメ   居酒屋   別所哲也