バレー部体罰、平手打ち10回超

市立尼崎高、失神も

©一般社団法人共同通信社

 兵庫県尼崎市教育委員会は15日、市立尼崎高男子バレーボール部で体罰を受けた3年生部員は、コーチの男性臨時講師(28)に10回以上平手打ちされ、20~30分意識を失っていたと発表した。

 7日に匿名の電話で体罰を把握した学校は市教委に「けがはない」と報告。市教委が9日、複数回平手打ちされたが、けがはなかったと発表していた。

 市教委によると、4月29日に体育館で講師がボールを片付けるよう注意した際に部員に体罰を加えた。部員は鼓膜損傷など2週間のけがをした。市立尼崎高は昨年の全国高校総体(インターハイ)で初優勝した強豪。