広島、土壇場で同点に 5点ビハインドを8、9回で追いつく ヤクルト梅野大誤算

©株式会社Creative2

9回に鈴木、磯村の適時打などで4点奪って追いつく

■広島 – ヤクルト(15日・マツダスタジアム)

 広島が土壇場で同点に追いついた。15日、本拠地でのヤクルト戦。4点ビハインドで迎えた9回に怒涛の4点を奪って、試合を振り出しに戻した。

 土壇場にドラマが待っていた。4点差で迎えた9回、菊池の右前安打、バティスタの三塁失策で1死一、二塁とすると、鈴木が中前適時打を放ってまず1点。満塁となり磯村が2点適時打を放って1点差。田中広が四球を選んで再び満塁とすると、代打・小窪が押し出し四球を選んで同点に追いついた。

 ヤクルトは9回にマウンドに上がった梅野が誤算。4安打2四球で4点を失って試合を振り出しに戻された。ここまで7人の投手をつぎ込んでおり、延長12回まで3イニングを残し、ベンチの投手は風張と中尾の2人だけとなっている。(Full-Count編集部)