ジャンプ:アプリ開発コンテストの第3期開催決定 「マンガの進化」のアイデア募集も

©株式会社MANTAN

「少年ジャンプアプリ開発コンテスト」第3期のビジュアル

 マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)の編集部が新しいアプリおよびウェブサービスの企画を募集するコンテスト「少年ジャンプアプリ開発コンテスト」の第3期が開催されることが16日、分かった。同コンテストは2017年に第1期、18年に第2期を開催。今回は「ジャンプの枠をぶち破りマンガの未来を切り拓(ひら)く」をキャッチフレーズに掲げ、企画を募集する。31日に募集開始。また、同コンテストの第3期開催記念企画として、「私が考える20XX年マンガの進化」をテーマにしたアイデアをTwitterで募集するキャンペーンを16日から実施する。キャンペーンのアイデア募集は7月31日まで。

 コンテストは、「週刊少年ジャンプ」の創刊50周年を記念して開催。少年ジャンプや、そのマンガ・キャラクターに関する新しいアプリやウェブサービスの企画・アイデアを募集する。同誌に関する企画だけではなく、マンガ・キャラクターに関する新しいアプリ、ウェブサービスの企画も受け付ける。入選企画には開発資金として最大5000万円提供する。

 17年に開催された第1期では、ミライアプリによる企画「マワシヨミジャンプ」が入選。開発期間を経て、アプリ「マワシヨミジャンプ」が1月にリリースされた。第2期は18年に開催。三つの企画が選出され、現在調整・開発中。